大樹チーズサーモン丼とは?

 

「大樹チーズサーモン丼」とは、

大樹町を代表する食材であるチーズと秋鮭(サーモン)を組み合わせた

これまであるようでなかった新食感の天丼御膳です。

 

地域食材を活用した企画開発型の新OMOTENASHIご当地グルメとして、

町の有志団体「大樹チーズ&サーモングルメ地域活性化協議会」により、

企画・開発され、 平成25年6月24日に誕生しました。

 

商品開発に至るまでの詳細については、こちら をご覧ください。

 

 

 

5点のセット御膳

「大樹チーズサーモン丼」は、通常以下の5つのセット御膳として、各店舗で提供しています。

(※イベント出展時には基本的には丼のみの提供になります。)

 

1:チーズサーモン丼(ごはん+5種類の天ぷら)

 

2:タレ・塩3種(つけ塩+つけダレ+かけダレ)

  ※各店オリジナル

 

3:香の物

  ※各店オリジナル

 

4:汁もの

  ※各店オリジナル

 

5:デザート

  ※各店オリジナル

 

ルール

  1. 正式名称は「大樹チーズサーモン丼」とする
  2. チーズとサーモン(秋鮭)の天丼、塩・タレ3個セット、香のもの、汁もの、デザートの5点セットとする。デザートは後出しとする
  3. チーズとサーモン(秋鮭)の天ぷらは、以下の5種類とする                     ・チーズの天ぷら
    ・サーモン(秋鮭)の天ぷら
    ・チーズ+サーモン(秋鮭)の天ぷら
    ・チーズ+αの天ぷら
    ・サーモン(秋鮭)+αの天ぷら
  4. 地元で水揚げされた秋鮭(サーモン)と雪印メグミルク大樹工場で製造された「さけるチーズ」を使用する
  5. 天丼用の塩・タレ3種(つけ塩・つけダレ・かけダレ)を用意する
  6. 北海道米を使う
  7. 各店こだわりの香のものをつける(なるべく旬の地場産食材を使用する。料理内容は、季節等に応じて、自由に変えても良い)
  8. 各店こだわりの汁ものをつける(なるべく旬の地場産食材を使用する。料理内容は、季節等に応じて、自由に変えても良い)
  9. 各店こだわりのデザートをつける(なるべく旬の地場産食材を使用する。料理内容は、季節等に応じて、自由に変えても良い)
  10. 協議会指定のどんぶり、塩・タレ皿3個セット(盛り付けは、左からつけ塩・つけダレ・かけダレ)、お膳(半月型)を使用し、指定通りのレイアウトにする。塩・タレ皿には、木のスプーンを添える。汁ものの器は、蓋がついた漆器を使用する(各店自由)
  11. 協議会指定の箸袋を使用する。箸置きも用意する
  12. ラミネート加工した食べ方シートをつける
  13. 料金は1000円(税込)以下とする

提供食数 (2017/9月末現在)

※イベントを含む

大地の恵み「チーズ」と海の恵み「秋鮭(サーモン)」によるコラボ天丼
大地の恵み「チーズ」と海の恵み「秋鮭(サーモン)」によるコラボ天丼

 <問い合わせ>

大樹チーズ&サーモングルメ

地域活性化協議会

taiki.cheese.salmon625@gmail.com