酪農と漁業のまち

大樹町(たいきちょう)は、北海道十勝地方南部にある人口6千人弱の町です。

 

東は太平洋、西は日高山脈に接し、中央部は広大な十勝平野が広がり、日高山脈より日本一の清流「歴舟川」がまちを流れ、海岸には原生花園が広がり、美しい自然に恵まれています。

 

 

基幹産業は、酪農と漁業であり、町内の酪農家さんが搾った良質の牛乳を原料としたチーズや、大樹町の前浜で獲れた秋鮭やつぶ貝などの魚介類の加工品は、まちの特産品でもあります。

 

また、他の自治体にはない「航空宇宙産業」のまちとしても有名で、JAXA(宇宙航空研究開発機構)や大学等による航空・宇宙関連の各種実験が盛んに行われています。

 

景勝地のカムイコタンは、夏場キャンパーで賑わい、海の見えるヨード泉の「晩成温泉」には、町内外からたくさんの方が訪れます。

 

大樹町公式HP

 

大樹町までのアクセス

大樹町までのアクセスと店舗マップ
taiki_accese map.pdf
PDFファイル 491.7 KB

<札幌方面から>

車で約3.5時間。

 

札幌から道東自動車道帯広JCT経由で、帯広広尾自動車道→国道236号。

 

 

<帯広から>

車で約50分。

 

 帯広広尾自動車道(無料)で、忠類大樹IC経由、

国道236号を広尾方面へ。

 

 

<東京方面から>

「羽田空港」から「とかち帯広空港」まで飛行機で、約100分。

そこから車で、約40分。(バスの場合、約70分)

 

提供食数 (2017/7月末現在)

※イベントを含む

大地の恵み「チーズ」と海の恵み「秋鮭(サーモン)」によるコラボ天丼
大地の恵み「チーズ」と海の恵み「秋鮭(サーモン)」によるコラボ天丼

 <問い合わせ>

大樹チーズ&サーモングルメ

地域活性化協議会

taiki.cheese.salmon625@gmail.com